産業廃棄物の掟【産廃選別やガレキ選別は処理方法で変わる】

破砕に便利な専用機器

ごみ

ガレキ選別のような難しくて人の手では難しい作業は、破砕専用機器を使用するといいでしょう。リサイクルしやすい状態に分けることができて、現場ごとに持ち運びできるので非常に便利です。

More Detail

厳しい罰則

不用品

廃棄物処理はルールがある

廃棄物の中には、一般のゴミ収集では回収することができない産業廃棄物があります。この種類は細かく分類されていて、汚泥やガレキ、廃油や廃プラスチック類など色んなものが該当します。仮にこの産業廃棄物を無断で処理した場合、対象の法人へ懲役刑や1,000万円以下の罰金刑が課されます。あらゆる罰則の中でも量刑が重い内容になっているので、知らぬ存ぜぬでは済まされないことなのです。
では、この難しい産業廃棄物をどのようにすれば安全に処理できるのかと言うと、専門業者へ回収を依頼して産廃選別や破砕処理をすることで問題が解決します。産業廃棄物関連の知識に乏しい素人が行なうよりも、はるかに早くて確実なので利用する価値が高いです。

事前のチェックが大事

面倒な産廃選別や破砕処理をお願いする場合、依頼する業者の選定に気をつける必要があります。というのも、産業廃棄物の処理は、基本的に廃棄物を出した法人が責任を持って対応することが求められています。ですから、委託した先が処理方法を違反したら、たとえその事実を知らなかったとしても一緒に罰則を受けることになるのです。
こうした問題に陥ってしまわないように、業者がルールに則った形で作業されているかどうかを見極める必要があるでしょう。まずは、業者の事業内容の確認、処理方法や流れのチェック、さらに契約書内容に目を通すことは必須です。事前に安全かつ確実に、産業廃棄物の処理が行なわれているかどうかを調べた後に契約するようにしましょう。

処理方法で変わる

廃品

あらゆる不要物が混ざっている混合廃棄物は、処理方法を間違えると違反対象になり罰則を受けます。処理する目的や量を考えた上でどの方法がベストかを考えることが大切です。

More Detail

収集サービスが便利

不要品

事務所や店舗から出てくる一般廃棄物は、市区町村で回収してくれるサービスでも処分できます。しかし、ゴミが多い場合や収集日を指定したい場合は、さいたま市でも人気のある専門業者へ依頼しましょう。

More Detail